ホーム > ナースコミュニティ > 看護部紹介 > 総師長メッセージ

看護部紹介

総師長メッセージ

総看護師長  松木 清美
総師長さん

「患者の立場にたち、患者の要求から出発し、患者とともにたたかう」私たちが看護をする上で一番大切にしている3つの視点です。

~患者さまに寄り添い、あきらめない看護~
 疾患だけでなくその人の生活や背景を「看る」ことを大切にしています。
 受持ち看護師が患者さまの気持ち、希望などを聞き、主治医や多職種とのカンファレンスで「患者さまの想いを形にするためにできること」を検討します。退院後の生活を考え、退院前後の自宅訪問も行なっています。

~急性期から在宅まで、地域の患者さまを支える~
 下越病院は地域の皆さんから支えられ、地域に根ざした病院です。垣根のない多職種チームでの関わり、その中で一番身近な看護師として患者さまを支えます。訪問看護、居宅支援事業所、介護施設が同一法人にあり日常的に連携しています。看護師が活躍できるフィールドが多岐に渡っていることも魅力です。

~なりたい看護師に・・看護師のキャリア開発を支援します~
 日本看護協会認定看護師育成制度があり、学費や居住費などを支援「めざす分野」の認定取得を応援します。院内認定制度があり一人ひとりの看護師が目標を持って研修に取組んでいます。(2015年度の院内認定分野;ACLS・呼吸ケア・栄養サポート・災害看護・退院支援・看護研究)

 医療の高度化、患者の高齢化、IT化など、看護の現場はめまぐるしく、「めざす看護」を実践することは大変なことです。大変な現場だからこそ「お互いを大切にするあったかい職場」を創っていきたい。あきらめないで、できることを一つ一つ取組んでいきたいと考えています。みんなで大いに語り合い、学びあい、育ちあう職場づくりにあなたにも参加して欲しいと願っています。