看護学生のページ

「1番の励みは患者さんの笑顔」

先輩ナースより
安達 沙希
下越病院  6西病棟
(2015年卒)

 私は神経内科の病棟で勤務しています。患者さんの中には、ご自分の状態や感情を表現できない方も多く、初めのうちはその変化に気づけないこともありました。最近は患者さんの“良い表情”を見つける度に「頑張ろう!」と思うようになり、患者さんの笑顔が1番の励みになっています。
 今後は、患者さんに安心して頼ってもらえる看護師になれるよう、1つひとつのケアや声かけを大切にしていきたいです。今はまだ私自身の戸惑いが伝わって、患者さんに気をつかわせてしまっているところもあると感じます。その人にとって本当に必要なケア、安らげる接し方を考え、少しでも良い看護を提供し続けられるよう頑張りたいと思います。
 みなさんが入職し、一緒に成長できる日々を楽しみにしています。