トップページ> 糖尿病患者様向けパンフレット・目次> 2007年10・11月分 「"シックデイ"の過ごし方」

"シックデイ"の過ごし方

"シックデイ"とは?

英語で書くと『sick day』、つまり『病気の日』ということ。
気分が悪かったり、体調が良くない時のことをこう呼んでいます。

"シックデイ"の時の身体は…

身体は、病気になると血糖が上がるようにできています。
腹痛・下痢・カゼなど、そんなに深刻と思えない症状でも、血糖コントロールが乱れ、 重症化する場合がありますので、油断は禁物です。

"シックデイ"の時は、どうしたらいい?

  1. 消化のよい食事をとり、水分を十分とりましょう。
  2. 暖かく安静にして、睡眠時間をしっかりとりましょう。
  3. 血糖値を測っておきましょう。
  4. 1型糖尿病の方は、インスリンの量を医師に相談しましょう。
  5. 早めに医療機関に連絡してください。

こんな時には、受診を!

医師のイラスト

↑このページの先頭に戻る