トップページ>インスリン療法で血糖自己測定中の患者様へ

インスリン療法で血糖自己測定をされている患者様へ
お願い

インスリン注射の患者様で血糖自己測定をされている方は、月1回の診察を受けていただき、 血糖の管理をさせていただくことが重要となっています。
2008年4月診療報酬改定により、保険適用される医療材料は、下記の通りとなりました。

     
  1. 血糖測定値の報告を受けて指導されていることが重要です。
    ※血糖測定ノートを必ず毎月ご持参下さい。(記録をカルテに保存しています)  
  2. 診察時にセンサーなどをお渡ししますので、電話依頼でのお渡しはできなくなります。
    足りない場合は自費で購入していただきます。  
  3. 1か月にお渡しできるセンサーの数は、
    1型糖尿病の方:4箱まで(4回/1日×30日)、
    2型糖尿病の方:2箱まで(2回/1日×30日)。
    1か月にお渡しできる消毒綿の数は、
    1型糖尿病の方:120枚まで、
    2型糖尿病の方:60枚まで…となります。
    足りない場合は自費購入となりますので、ご了承ください。
     

以上、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

↑このページの先頭に戻る