ホーム > わたしたちの医療 > 患者の権利

わたしたちの医療(下越病院について)

患者の権利

2005年3月23日

改定2015年5月26日

前文

私たちは患者・利用者さんとともにより良い医療・介護を達成するため、お互いの信頼と理解の礎としてここに、下越病院の「患者・利用者さんの権利」を定めます。

患者の権利

1. 平等で最善・安全の医療・介護を受ける権利

 
患者・利用者さんは身分、国籍、人種、宗教などに差別されることなく、症状・状態に応じた最善の医療・介護を安全な療養環境の元に受ける権利があります。また、医療保障・介護保障の改善を行政に要求する権利があります。

2. 情報が得られ、健康教育を受ける権利

 
患者・利用者さんは自らの疾病に関する医療機関の有する情報について説明を受ける権利があります。また、病気や保健、疾病予防について学習する権利があります。

3. 自由に選択し、自己決定する権利

 
患者・利用者さんは充分な説明を受けた上で、治療方法などを自らの意志で選択し、決定する権利があります。また、その際、別の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞く権利があります。

4. プライバシーが守られ、個人の尊厳が保たれる権利

 
患者・利用者さんは個人情報が守られ、可能な限り私的生活が保たれる権利があります。

5. 苦情を申し立てる権利

 
患者・利用者さんは病院に対して苦情を申し立てることができ、そのことで不利益を受けない権利があります。

6. 継続して一貫した医療、生活の質(QOL:quality of life)と生活背景に配慮がなされた医療・介護を受ける権利

 
患者・利用者さんは、連続した医療、退院後の継続的な医療・介護を受け、生活背景にも配慮がされた医療・介護を受ける権利があります。また、QOLを優先する権利があります。

付則

上記目標を達成し、共同の営みである医療・介護サービスの提供を円滑に進めるため、患者・利用者さんが守っていただくことを定めます。

1. 診療・介護サービスは患者・利用者さんと協同して行います。積極的に診療・介護サービスにご参加下さい。

2. 診療・介護を受けるにあたって、薬の服用状況、患者・利用者さんの健康に関する情報などをできるかぎり正確にお話し下さい。

3. 医療・介護に関する説明を受けてもよく理解できない場合はおたずね下さい。

4. 患者・利用者さんは社会や院内のルールやマナーを守り、他の患者・利用者さんの迷惑にならないようにして下さい。

5. 職員への暴言、暴力、威嚇、その他迷惑行為は行わないで下さい。

6. 当院は敷地内禁煙になっています。施設内・敷地内での喫煙はご遠慮下さい。

7. 飲酒されての来院は診療・介護サービ-スに支障をきたします。来院される際は飲酒を控えて下さい。