ホーム > 医療関係の皆さまへ > 院内活動と各種委員会 > 褥瘡(じょくそう)対策チーム

院内活動と各種委員会

褥瘡(じょくそう)対策チーム

当院の褥瘡対策チームは、2002年に結成されました。医師、看護師、薬剤師、管理者栄養士、作業療法士といった多職種で構成されており、下越病院での褥瘡を減らすために活動しています。
また、褥瘡対策に関する医療の質(quality indicator)の向上を目指して、褥瘡発生率の低減と褥瘡予防に関する知識と技術を深めるため院内教育活動も行っています。

年度総括と方針
 こちらをご覧ください

スタッフ