診療科紹介

神経内科

安心して住み続けることができること

 地域の方が神経疾患を患ったときに、より早期に診断と治療、リハビリができるように努めます。難病などで病状が進行しても、この地域で永く暮らせるように医療上の努力を続けます。他職種、他医療機関、介護サービス、行政などと連携をすすめます。

神経内科読影
神経内科読影

1.診察室
 診察室では、立ち上がりから、歩行状態までしっかり診察しています。

2.CT・MRI検査
  緊急時には24時間体制で撮影が可能です。超急性期・急性期の脳卒中診断、意識障害やめまいなどの鑑別診断、認知症診断、脳血流検査も行っています。

3.治療
  脳血管障害の超急性期治療としての、アルテプラーゼによる血栓溶解療法も可能です。急性期、亜急性期の点滴などの薬物治療も行います。

4.病棟
  障害者病棟(神経内科病棟)とリハビリ室が同じ階(6階)です。脳卒中や廃用症候群などの早期リハビリを目指しています。脳卒中などは、病状安定後の回復期リハビリテーション病棟での訓練継続も行います。発熱や食欲不振、脱水などでの体調不良時も早期離床・リハビリが可能です。

5.スタッフの育成・拠点病院
 当院は、日本神経学会認定教育関連施設です。新しい神経内科医の育成にも力をそそいでいく考えです。また、神経難病拠点病院として、秋葉区周辺や五泉近辺の難病の患者さんに対応が可能です。

年度総括と方針
 こちらをご覧ください