診療科紹介

糖尿病内科

他職種が参加しての症例検討会
医師、看護師、検査技師、栄養士が参加しての症例検討会

継続した治療が大切です。
 糖尿病はどんどん増えている病気です。下越病院・かえつクリニックに通院されている患者様はここ20年で2.5倍にもなりました。放置すると、失明、えそ(手足が腐る病気)、腎不全・透析導入などとなってしまうため、自覚症状が現れないうちから治療を開始しなければなりません。えそで足を切断する方や人工透析にあらたに入る方が毎年何人かいらっしゃいます。
 やはり具合が悪くなってから受診する方が多いのも事実です。「治療を中断すると合併症が大変なことになるのだから、通院を続けていこう」という自覚が必要です。その前にはきちんと病気を理解していただかなければならず、糖尿病の教育入院をすることが大きな成果を上げています。