その他の院内各課紹介

栄養課

栄養課の紹介

スタッフ 理学療法イメージ
管理栄養士 4名
調理師 12名
栄養士パート 2名
配膳洗浄パート 6名

= わたしたちは適切な栄養管理で治療効果を上げ、安全な食事を提供し
地域のみなさんの医療・福祉に貢献します =

栄養管理

 入院時には栄養状態を評価する栄養管理計画書を多職種と作成し、個々の患者様の栄養状態に合わせた食事を提供しています。食欲がない患者さまに対しては病棟と連携を取り栄養士、調理師が病棟訪問し、口から食べていただけるよう個別対応を行っています。
 また、栄養状態の改善や生活レベルの向上のためにNST・褥瘡・食のサポートチームの一員として活動しています。

食事

 衛生管理を重視した、安全、安心の食事を提供するため厨房内の温度管理、食材管理に 心がけています。おいしく召し上がっていただく工夫として温冷配膳車を使用しています。  毎日の食事が入院中の楽しみの1つになるよう「行事食」や毎月9日に「憲法9条を守る」取り組みとして手作りデザートとメッセージカードを添えて提供しています。
 また、2015年7月より「日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013」にそって、安全、安心な食事形態で提供しています。

<9条メニュー >

仙台医療センターでのER支援
10月(栗ごはん、ゼリー)
仙台医療センターでのER支援
8月 (手作りゼリー)
栄養相談

 医師の指示のもと、外来、入院患者様に対して糖尿病、腎臓病、心疾患などの指導を行っています。

友の会活動

 友の会の班会調理実習や健康相談会に参加しています。

非常食

 いつ起こるかわからない災害に備え3日分(9食)の非常食を確保しています。
 毎年、炊き出し訓練をしています。

年度総括と方針
 こちらをご覧ください