その他の院内各課紹介

リハビリテーション課

リハビリテーションについての病院方針

理学療法イメージ 「予防・治療・リハビリから在宅まで一貫した医療を追求する」ことを病院の基本方針の1つに挙げています。 地域で人間らしく生活ができるよう、心身障害・生活障害・社会的ハンディキャップの改善、QOL(生活の質)の拡大、地域におけるノーマライゼーションの実現に努力します。

リハビリテーション課方針

理学療法イメージ 私たちは患者さまの自己決定権を尊重しながら、地域で自立生活ができるように援助します。地域に根ざし、生涯を通じて安心してかかれるリハビリテーションの実現を目指します。

下越病院リハビリテーション課の特徴

  1. 急性期から維持時期までの一貫したリハビリ
     「はじめまして。」当院のリハビリはさわやかなあいさつから始まります。手術後すぐにリハビリと言われて驚く方もおられますが、可能な限り早期から、また、無理なくできることからリハビリが始まります。
     入院中のリハビリは、退院後の生活を想定して行っており、退院前には多職種が集まった合同カンファレンスが開かれます。また、退院前に家庭訪問を行うことで、手すりやスロープなどの住宅改修について提案し、介助方法を伝えることで介護者、被介護者双方が無理なく生活できるようにご家族と話し合います。
     当院のリハビリは退院したらそのまま終了…ではありません。退院後も必要があれば、外来リハビリ、訪問リハビリ、通所リハビリでの継続的なリハビリが行えます。退院後に困ったことについても、随時相談できるような体勢をとっています。
  2. チームアプローチで集中的なリハビリ!!回復期リハビリテーション病棟
     回復期リハビリテーション病棟は、急性期の治療後に在宅復帰を目指し、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。退院後の日常生活を見据えて、ADL(日常生活活動)動作の向上を目標に取り組んでいます。 病棟での生活は、食堂で食事をとることで一日の生活リズムをつくっています。また、お茶の時間や、レクリエーションの時間を設けることで、活動性が低下してしまいがちな入院生活を活気あるものに変えています。
     リハビリスタッフの役割としては、訓練室での「できるADL」を病棟で「しているADL」に反映することです。そのためには看護師や介護士との連携が重要です。毎週行われるカンファレンスのほかにも、自然と他職種が話し合っている病棟です。
     「○○さんって退院したら△△ができないとこまりますよね?」
     「そうなんですよ。だから□□することから始めましょう。」
     今日も病棟のどこかでそんな声が聞こえてきます。
  3. 共に歩みます!!難病リハビリテーション
     ALS・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症など、進行性の難病の方に対し、外来リハビリ、訪問リハビリなどで、3職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)による専門的なリハビリを実施しています。
  4. 退院後も安心!!訪問リハビリテーション
     訪問リハビリテーションでは、生活機能(運動機能、コミュニケーション機能、嚥下機能)が低下した方、何らかの理由で外出が困難な方に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が自宅へ伺い、サービスの提供を行っています。
    • 実際の生活場面を用いての日常生活動作の練習、機能訓練
    • 利用福祉機器の選定
    • ご本人・ご家族・他職種への介助方法、代償手段の指導・訓練
    • 急性期から関わった患者様を、退院後の在宅生活においても支援しています。
    • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3部門で関わり、各専門性を生かしたアプローチを行っています。
    • 利用者様は、運動器疾患や脳血管疾患から難病まで様々です。
    ご本人、ご家族が安心して在宅生活を送れるよう、日々チームアプローチで取り組んでいます。
  5. 早期に息切れ改善!!外来呼吸器リハビリテーション
     呼吸器疾患の患者さん(COPD:慢性閉塞性肺疾患、など)は、息苦しくて動くこと自体が怖くなっている場合があります。日常の動作が楽に行えるように、正しい呼吸法を学び、運動のすがすがしさを思い出してもらうために呼吸器リハビリテーションが重要になります。入院しないとリハビリが行えない施設が多いなか、当院の大きな特徴は、少しでも早く息切れを軽減してもらえるように外来リハビリを提供する体制が整っていることです。症状や状態に合わせて、リハビリを個別に行う場合もあれば数人で一緒に行う場合もあります。一人で行き苦しさを抱え込まずに私たちや同じ疾患の仲間たちと頑張りましょう。
  6. 国際ライセンス!!
     パーキンソン病の発話のための専門的リハビリ(リーシルバーマン音声治療:LSVT) LSVTはパーキンソン病の言語治療として最も効果があると国際的に認められた言語治療です。この治療方法は認定資格を持った言語聴覚士のみしか実施できません。当院はこの資格を持った言語聴覚士が在籍する日本でも数少ない施設の1つです。
  7. おいしく食べるために!!嚥下障害(飲み込み)リハビリ
    • 新潟県内で唯一の日本言語聴覚士協会認定、認定言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)が在籍しています。
    • 飲み込みの悪い嚥下障害の患者さまに対しては客観的な評価(VFを含む)を行い、嚥下訓練を行っています。
    • バリエーション豊かな嚥下食
      嚥下リハビリの基本は食べること!できるだけ早く、安全に口から食べられることを目指し、栄養課と協力しながら、患者さまにあった食形態の調整を行なっています。
  8. 長期的なリハビリが可能!!
     高次脳機能障害のリハビリ 失語症や高次脳機能障害は回復までに時間がかかります。当院では外来リハビリ、訪問リハビリにて、長期的なリハビリを実施しています。
  9. 認知症の病態を明らかに!!
     認知症外来 当院では医師が診察を行い、患者さまに認知症の疑いがある場合や認められた場合、言語聴覚士に認知機能検査を依頼します。言語聴覚士は色々な検査を行い患者さまの症状を明らかにします。そしてその結果を医師にフィードバックします。医師は認知機能検査の結果などをもとに診断と治療につなげていきます。

施設基準

施設基準
脳血管疾患等リハビリテーション I  
運動器リハビリテーション I  
呼吸器リハビリテーション I  
回復期リハビリテーション I  
心大血管疾患リハビリテーション I  
がん患者リハビリテーション料  
摂食機能療法  

各部門の紹介

理学療法

理学療法イメージ 理学療法では、患者さんと家族の目標に応じたリハビリを心がけています。
 現在の身体機能と体力維持を目的としたリハビリをはじめ、基本動作といわれる『寝返り・起き上がり・座位・起立・歩行』の改善を目指しています。
 内容は、筋力維持・強化、関節運動のほか、物理療法(ホットパック・電気・超音波)、徒手療法、マッサージ゙などを必要に応じて取り入れています。
 実施場所は、基本的には病室からリハビリ室にて行いますが、屋外での生活動作を想定したリハビリも行っています。
 また、定期的なカンファレンスを行っており、必要な方には看護師や作業療法士、ケアマネージャーと共に退院前訪問を行うことで、在宅生活へのフォローアップを行っています。

作業療法

作業療法イメージ 心身に障害をきたした方々に対し、上肢機能や高次脳機能回復のための訓練を行い、日常生活動作や家事、復職に必要な機能の再獲得を図ります。
 当院では脳出血や脳梗塞の方に対して麻痺の機能回復訓練や、整形外科術後の方に対しても入院および外来でフォローを行っています。また、進行性の疾患を抱えた方々に対しても、コミュニケーションの代替手段の検討、環境調整等を行い、残存能力を生かして最後までその人らしい生活が送れるよう、実際の生活場面を想定した幅広いフォローアップを行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法イメージ 病気やケガなどでコミュニケーションが不自由になった方々に対し、言葉の表出や理解、文字の読み書きなども含めたすべての言語機能や、高次脳機能障害に対する治療を行います。 また、食べ物の飲み込みがうまくできない患者さんに対し、摂食・嚥下機能の評価・訓練を行います。

年度総括と方針
 こちらをご覧ください