ホーム > ナースコミュニティ > 民医連看護とは

下越病院看護部のページ

民医連看護の4つの優位性

1
「総合性」「継続性」

医療と看護が専門分化する中で、患者の生活と労働を見据え、総合的な視点を持つこと、急性期、慢性期などと分断されつつある中で看護の基本となるものを守り抜く立場で、在宅も含めた看護の継続性を追求してきたこと

2
「無差別性」

老人を始めとして、新たに生命に対する差別が進められる中で無差別性を追求してきたこと

3
「民主性」

真に患者の立場に立つことで民医連の医療集団が団結し、民主性を貫いてきたこと

4
「人権」

こうした看護実践を一人ひとりの患者の人権を守り、要求を実現する立場で運動と結びつけていたこと
以上