看護学生のページ

卒後研修の目標

卒後1年目研修

看護師としての基礎をしっかり築き、民主的集団医療のチームの一員として役割を学ぶ。

【研修目標】

1.
患者・家族とのコミュニケーションがとれる

2.
配属された病棟の業務の流れがわかる

3.
基礎看護技術、観察の方法がわかる

4.
救急時の適切な観察と対応ができる

5.
実践を通して、看護過程について理解することができる

6.
医療チーム、看護チームの一員として多職種と自らの役割を学ぶ

7.
民医連看護の特質を学ぶ

卒後2年目研修

仕事に自信をもつ中でより広い社会的視野をもち、看護観を深めさらに技術を高める。

【研修目標】

1.
各科の特殊性に応じた専門的知識・技術を養い、安全で適切な看護対応ができる

2.
助言を受けながらプリセプターとしての役割と責任を果たすことができる

3.
民主的集団医療の一員として、多職種と共同して仕事に取り組める

4.
看護チームの一員としてメンバーシップがとれ、問題の把握および提案ができる

卒後3年目研修

民医連看護の視点を深め、専門家として安定した看護力量を持ち、リーダーシップを発揮していける力を準備する。

【研修目標】
1.
職場の方針づくりへの参加や分担された役割を学ぶ

2.
リーダーシップを理解し、チームリーダーとしての役割を積極的に果たせるようになる

3.
安定した総合的な看護技術が提供できる

4.
民医連看護の視点を持って、継続看護が展開出来る

卒後4年目研修

看護の実践を通し、民医連運動の担い手として基礎を築き、さらに専門家として安定した看護力量をもち、リーダーシップを発揮していく。

【研修目標】
1.
日常看護実践の中で後輩に対して支援する事ができる

2.
医療活動全体を守り、発展させるために社会情勢に目を向け、たたかう看護を推進していける基本的姿勢を持つことができる

3.
民医連看護の視点で地域との関わりが理解できる

卒後研修のスケジュール

1年目

2年目

3年目

4年目

4月

<夜間導入前研修4~6月>
週間でマンツーマン方式で日勤研修(1週間ごとに面接、チェックリスト点検)

・新入職員研修
・基礎看護技術研修
・院内研修(看護記録、血ガス、心電図、人工呼吸器)

プリセプターナースとして卒直後研修者の直接指導にあたる(プリセプター会議への参加)

リーダーシップ研修

エルダーナースとしてプリセプターナースの援助を行う

5月

5月より休日研修

・基礎看護技術講座(院内感染、医療の安全性、救急講座)

6月

2年目の他職種参加型の取り組みのコーディネートを行う

7月

7月より夜勤研修(3クール)

他職種参加型事例のレポートをまとめる

8月

9月


・半年後総括

カンファレンスに参加
民主的集団医療レポート提出

10月

10月より変則勤務研修

・健康相談会に参加する



民主的集団医療講座

 

診療所研修

11月

12月

・患者の問題解決のためケースワーカーと共に家庭訪問 レポート作成

1月

2月

3月

1年後総括
プリセプター研修

2年後総括

3年後総括
「心に残った症例」発表会

4年後総括
「私の看護観」発表会

*2~4年目でローテ研修

研修の様子

プリセプターナース

卒後2年目の看護師はエルダーナースと相談しながら新人ナース(プリセプティ)の相談に乗るなど精神的な支援を行います。
プリセプター同士で集まる機会をもち、情報交換や学習会を行っています。

プリセプターナース1 プリセプターナース2

エルダーナース

卒後4年目ナースはエルダーナースとしてプリセプターナースの相談役として指導・援助を行う役割を持ちます。

【役割について】
プリセプターが以下の内容をできるよう援助する

1.
新人ナース(プリセプティ)が職場に適応できるよう支援できる
 プリセプティとコミュニケーションを密にとり新人の想いや考えを聞く

2.
プリセプティが配属部署の看護の実践・展開できるようにする
 実践の中でプリセプティとともに学習し、助言を行う
 プリセプティと一緒に学習を行う

3.
プリセプターがその役割を通じて自己成長できる

エルダーナース1 エルダーナース2